GEEQ's ROOM

気になるガジェットやデジモノ、文房具、自転車について発信していきます。

海外旅行で「使える」!持って行くと便利な文房具

f:id:GEEQ910:20171218101806p:plain

こんにちは、GEEQです。

前回まで2回に渡り台湾旅行の思い出記事を書かせていただきました。

誰得の思い出記事でしたがそういうのが書けちゃうのも雑記ブログの楽しいところですね。

今回は台湾やその前の新婚旅行など、「海外旅行に持っていったら思いの外活躍してくれた便利な文房具」をいくつか紹介したいと思います。

もちろん海外に限らず国内旅行でも使えますよ(*^^*)

 

 パスポート、航空券、地図などをまとめられるファイル系

まず最初にご紹介するのがファイル系の文房具です。

パスポートや航空券、地図や各種チケットなどは旅行中も頻繁に出し入れしますよね。

カバンの小物入れやポケットなどにそのまま入れてもいいんですけどゴチャゴチャになったり折れてしまったりしがちです。

綺麗にまとめられて出し入れもしやすかった2点を選んでみました。

① リヒトラブ「キャリングポケット for TRAVEL」

▲パスポート、航空券、旅程表やバウチャーなどをコンパクトにまとめて持ち運べるトラベルホルダーです。

A4の3分の1程度の大きさなのでハンドバッグやボディバッグなどにもスルリと入ります。

f:id:GEEQ910:20171216213649j:plain

▲まずはパスポートポケット。

f:id:GEEQ910:20171216213755j:plain

▲次に航空券などを入れられるチケットポケット。

f:id:GEEQ910:20171216213919j:plain

▲最後はA4用紙が3つ折りで入れられるポケットです。

チケットレス化が進んでいるとは言えまだまだ出入国の際はこうした”紙類”を出し入れする場面が多いので、必要な物を全てコンパクトにまとめられるこのホルダーは本当に便利でした。

② キングジム「オレッタ」

▲先程のキャリングポケットに似ていますがこちらはA4用紙を3つ折りで収納する専用のファイルです。

f:id:GEEQ910:20171216215048j:plain

▲僕が使っているのは丈夫でそれなりに硬さのある縫製カバータイプ。

f:id:GEEQ910:20171216215456j:plain

▲畳んでいるとコンパクトですがA4用紙がしっかり収容できます。

僕はいつも訪れる予定の場所の地図をプリントアウトしているのでこれに入れて持ち運んでいます。

先程のキャリングポケットと似ていますが、あちらはパスポートや航空券などかなり大事な物を入れている場合が多いので、街中で頻繁に出し入れするのはちょっと怖いんですよね。

なのでこちらは地図や路線図など専門です。これなら万が一落としてもダメージが小さく済みます。

機能はシンプルですが歩きながらでもパッと開くだけで見られるのは非常に楽です。

旅の記録や咄嗟のメモにも使える「トラベラーズノート」

▲その名もズバリ旅行にぴったりな「トラベラーズノート」

旅先でのちょっとした記録や、フライト時間の変更などのちょっとしたメモ書き用にとても便利な手帳(ノート)です。

僕が使っているのはコンパクトなパスポートサイズ。(もう少し縦長のレギュラーサイズもあります。)

愛用のジブン手帳は出張はともかく旅行に持っていくにはちょっと嵩張るんですよね。

f:id:GEEQ910:20171217211019j:plain

▲名前の通りパスポートとほぼ同じサイズ。オプションのペンホルダーに差したペンと縦は同じくらいの長さです。

規格で言うとB7くらいなのでボディバッグやウエストバッグに入れても嵩張らず出し入れも容易です。

f:id:GEEQ910:20171217211448j:plain

▲背面のバンドでクルッと閉じるので中でバサバサと開くようなこともなし。

トラベラーズノートの良いところはもう一つあります。

それは用途によってリフィルを足したり引いたり出来る」ところ。

f:id:GEEQ910:20171217210619j:plain

▲カバーの内側にバンドが付いているのでそこに必要なリフィルを選んでセットします。

 マンスリーやウィークリーなどのスケジュール用リフィルや、無地、方眼、横罫などのノート(メモ)用リフィル、ジッパーケースやクラフトファイル、さらにはスケッチ用の画用紙リフィルなどラインナップが非常に豊富。

自分がどういう風に使いたいのかに合わせてオリジナルの手帳が作れます。

 

▲僕は大体の旅程を書き込めるようにマンスリーとメモ用の無地のリフィルをセットして使っています。

台湾ではタクシーの運転手さんに目的地を伝える際、ガイドブックを見せるよりも漢字で書いたメモ書きを見せた方が早かったので大活躍でした^^;

レザーのカバーは使い込むほど風合いの変化を楽しめますし、後から旅を振り返りながら読むのも至福の時間ですよ(*^^*)

 

▼ちなみにここまで紹介した3つを愛用のボディバッグに入れるとこうなります。

f:id:GEEQ910:20171217222647j:plain

かなりスッキリしてますよね。

必要な時に必要なものを取り出しやすく綺麗にまとめられる上に、デジカメやガイドブックなどまだまだ他の荷物も入れられます。

ガジェットケースに最適!リヒト「ワイドオープンペンケース」

▲こちらは旅行に限らず出張の時にも毎度お世話になっているペンケース。

しかし本来の筆入れとしての用途ではなく、モバイルバッテリーや充電器、ケーブル類を入れるガジェットケースとして大変重宝しています。

f:id:GEEQ910:20171217223727j:plain

▲まぁ見た目は普通のペンケースですね。これをガバッと開けると…

f:id:GEEQ910:20171217225214j:plain

▲こんな風にガジェット類を収納できます!

名前の通りワイドに開くので中が見やすく取り出しやすい。

f:id:GEEQ910:20171217225406j:plain

▲大体いつもこれくらい+αを入れていますが余裕で入ります。

f:id:GEEQ910:20171217225650j:plain

メッシュのサイドポケットも有り予備のバッテリーやSDカード、ケーブル類にぴったりです。

なかなかこういったガジェットを入れるケースやポーチで丁度良いのが無く困っていたのですが奇跡的にピッタリでした。

しかも大容量なのにそこまでデカくないという絶妙なサイズ感。

旅行の場合、デジカメやビデオカメラなど多ポート装備の充電器以外にも専用品を持ち運ぶ機会が多いのでこの位収納できると安心ですね。

まとめ:文房具は持ち運びしやすいようによく考えられた商品が豊富=旅行にも使える。

いかがだったでしょうか。

今回紹介した物はよくよく考えてみると「コンパクトで持ち運びやすい」「必要な物をスッキリと収納できる」というのが共通しているのかなと思います。

文房具はというのは毎日の通勤や通学での持ち運びを考慮して作られた商品も多いので、旅行という移動の多いシーンでも同じように優れた使い勝手が期待出来ますね。

これら以外にもまた何か見つけたらどんどん追記していきます(*^^*)

 

本日はここまで読んでくださりありがとうございました!